なぜモビットは借り過ぎている人を審査に落とすのか?意外な理由とは?

モビットの審査は総量規制のルールで進みます

消費者金融のカードローンの審査では、借入限度額に制限がかかります。総量規制という法律があり、年収の1/3を超えた借入限度額は申し込めないことになっています。

ですから、他社から借り入れをしていなくても年収の1/3を超えてはお金を借りることができません。

もし他社からの借り入れがある場合は、その分も含めて年収の1/3を超えることができないので、さらに限度額は低く抑えられてしまいます。ですから、借り過ぎの場合、審査に落ちてしまうのです。

モビットも貸金業法に則った、消費者金融ですから、総量規制のルールは適用されるのです。  

モビットの審査落ちの原因はいろいろあるが…

モビットの審査に落ちてしまう原因はいろいろあります。

まず最初に挙げられるのが、安定した収入が得られていないという点です。審査基準では、継続的で安定した収入があることとなっていますので、継続的でない場合や、収入が不安定な場合は審査に落ちる原因の一つになります。ただし、年収が少ないということは問題にはなりません。たとえ年収が200万円でも、月々の安定した収入があれば審査には通ります。問題になるのは、無職とか専業主婦の場合です。

つぎに審査に落ちる原因として挙げられるのが、過去に返済事故を起こしている場合です。審査基準には、過去に返済事故の履歴がないことという項目がありますので、これに抵触してしまうのです。

さらに挙げられる原因が、年収の1/3を超えた借入限度額を設定した場合です。前述しましたが、モビットでの借入限度額は、他車からの借入も含めたものから計算されますので、他車から借りすぎていると、審査に落ちてしまうことになります。

その他にも審査に落ちる原因となるものがあります。それは自分の職業や住所を偽った場合です。申告内容も信用情報の一つですので、申告した内容に偽りがあれば、審査には落ちてしまいます。  

総量規制の問題を克服する3つの対策!

総量規制という法律は、こう聞くと厄介なものだと感じてしまうかもしれませんが、これは消費者が返済不能に陥らないための、消費者を守ることを目的とした法律ですので、この法律には従った方が良いでしょう。

では、この総量規制による制限を克服するためにはどうしたらよいのでしょうか?方法は3つあります。

1.年収を高める
2.1社でも良いから完済して枠を作る
3.総量規制対象外のローンを申し込む

この3つです。何も偽らずとも、この3つのうちのどれか一つでも対応できれば、総量規制の枠が広がります。  

1.年収を高める

まず最初の年収を高くすることについてですが、そう簡単に急に給料が上がるはずもないので、他のスダンが必要になります。

例えば副業を始めて、収入を増やすという方法があります。最近では、ネットで副業ができるような仕組みもあります。通常に働くよりは効率が低いですが、隙間時間をうまく利用すれば、それなりには稼げます。そして、報酬をもらう際にきちんと源泉徴収してもらえば、収入を証明することができますので、通常の給料以外に収入が増やせれば、総量規制の枠を広げることができます。

また、収入証明の際に、手取り額ではなく額面で申告するのも有効な方法です。通常、所得税は10~20%くらい引かれてしまいますので、額面と手取りでは大きな差があります。ですから、額面で申請するだけでも、総量規制の枠内で、借入限度額を増やすことができます。

アルバイトやパートの方の場合も、勤務時間を増やしたり、副業を始めることで、収入を増やすことができます。  

2.1社でも良いから完済して枠を作る

次に、他社からの借入額が多い場合には、その額を少しでも減らすことが重要です。できれば1社だけでもいいから、完済すると良いでしょう。借入額が多少多くても、きちんと返済したという履歴があれば、審査に通りやすくなります。お金を工面するのが大変かもしれませんが、1社だけでもいいから完済するようにしましょう。

モビットのような優良な消費者融は、貸し倒れの危険性を少しでも低くするため、信用面が審査上大きなウェイトを占めてきます。審査を申し込む前に、少しでも信用度を高めておきましょう。  

3.総量規制対象外のカードローンを申し込む

実は、少量規制という法律は、消費者金融には適用されますが、銀行系のカードローンには適用されません。あなたが借りすぎていると思うのであれば、総量規制対象外の銀行系カードローンに申し込むことも一つの方法になります。

銀行系のカードローンの特徴としては、他社からの借入の借り換えや、おまとめローンとい再ビスがあることです。総量規制の対象外なのですから、消費者金融から借りている借金をすべて1本にまとめ、銀行系のカードローンに借り換えするのも、返済を楽にする方法の一つになります。

また銀行系カードローンのもう一つの特徴として、収入証明が不要になる借入限度額が、消費者金融よりも高いことが挙げられます。一般的に消費者金融の場合は、収入証明が不要になるのは、借入限度額が50万円以下の場合ですが、銀行系カードローンの場合は、200~300万円になりますので、消費者金融よりも多く借入れることができます。  

返済履歴に問題があるとモビットの審査では不利になりがち

ここまで、少量規制の枠内で借入限度額を増やす方法や、総量規制対象外の銀行系を利用するなどを説明してきましたが、モビットの審査に落ちるのは何も借入限度額を高く設定した場合だけではないのです。

それよりももっと重要なことがあります。それは前述しましたが、審査基準の一つである「過去に返済事故を起こした履歴の有無」です。過去に返済事故を起こしてしまっていると、総量規制以下の借入限度額であっても、審査には落ちてしまいます。

過去に、カードローンに限らず、クレジットカードなどでも返済事故を起こしていると、ブラックリストに載ってしまいます。一度ブラックリストに載ってしまうと、最低でも5年間はリストからは外れません。

過去に返済事故を起こした履歴がないという方であれば、多少は他社からの借り入れがあっても、少量規制の枠内では審査に通ることは可能です。  

モビットは総量規制だけれど、借り換えやおまとめに使える!

銀行系のカードローンでは、他社からの借入の借り換えや、おまとめローンができるとお伝えしましたが、実はこのサービスはモビットでもやっています。

総量規制の枠内という制約はありますが、こういったサービスがあるのはありがたいです。モビットの場合は、消費者金融の中では比較的金利が安いので、金利の高いところからの借り換えは、返済を楽にできます。また、数社から借り入れている場合、各社に月々返済している額の合計よりも、1社にまとめた場合の返済額の方が少なくなるので、そういった意味でも返済は楽になります。

モビットは安心してご利用できる優良な消費者金融ですので、他社からの借入で困っている場合にはモビットに相談してみると良いです。新規顧客を開拓したいモビットとしては、そういった相談にも親身になって乗ってくれます。

モビットのサービスの詳細は、公式ホームページに載っています。まずは一度ホームページをご覧ください。

モビットのホームページはこちらです。

関連記事